おさまるところは一つだけ

本当の声はいつだって幸せの道を照らしている

男性、父親の愛の所在

こんにちは。Joeです。

 

最近のことです。

まみとの素晴らしいまぐわいの後に、身体も心も開いて、まみへの愛しさが開放された時に、「子どもたちを産んでくれてありがとう」という気持ちが湧き出ました。

 

3人ともです。いずれも私と再婚する前に生まれた子どもたちです。2人は今一緒に住んでいますが、もう一人は前夫と一緒に住んでいます。

 

以来、子どもへの気持ちも一段と温かいものになっています。

 

ひょっとしたら、男性はパートナーへの愛がこぼれるほどにあふれると、子どもへの自然な愛が湧いてくるのかもしれません。

 

 

 

そうしたら!?

 

 

 

そう私だけが感じていて、それをまみにまだ話す前のことなのですが。

 

まみが娘とこんな話をしたと教えてくれました。

 

母「お母さんが平和だと家庭も平和だね。」

娘「そうだけど、それだけじゃない。両親の仲が良いと家庭も平和。」

 

なんだかシンクロ(@_@)

 

f:id:jtoshou:20210214211942j:plain



 

女性は自分のお腹を痛めて子どもを産むから、子どもに対して愛情が自然と湧くのだと思いますが、男性は違う仕組みなのだと思います。

 

パートナーシップが鍵で、閉じれば全部閉じるし、開けば全部開く、というものだと感じます。

 

 

 

本当の声はいつだって幸せな道を照らしている。

手本がひとつ

こんにちは。Joeです。

 

大好きな人と一緒に、自分たちに合った地域で、暮らすというのはなんと幸せなことでしょうか。

 

私とまみが仲が良く、幸せそうな様子を見ているからか、娘も彼氏と仲良く付き合っています。高校生で一年半もラブラブなのは、相性も良いのでしょう。

  

honrainojibun.hatenablog.com

 


 

 

恋人同士も夫婦も相性があります。

 

結婚前であれば、相性が悪ければ別れますが、結婚後は、相性が悪いというだけでは離婚する踏ん切りがつかず、子どもが生まれたら、「子どもの成長にとって良くない」などの理由で、相性が悪いくらいでは離婚しない方が多いのではないでしょうか。

 

でも、世界を見渡してみれば、結婚歴が長くてもラブラブな夫婦が多い国もあれば、日本のように少ない国もあります。夫婦関係は時間が経てば冷めるというのは、日本では常識でも、世界の他の地域では常識ではありません。

 

 

 

では、なぜ日本では多くの夫婦が、時間とともに関係が冷めてくるのか。

 

それは、関係が冷めている(少なくとも熱くない)熟年夫婦があたり一面にいて、それが普通だから、自分がそうなっても「そんなもんだ」と受け入れるからです。

 

一人よりも二人の方が生活が便利だとか、子どもの成長にとって良くないとか、自分を言いくるめられるのは、その状態を「異常」と思っていないから。

 

身の回りのサンプルがそうだってことです。

 

 

サンプル数の多いものがお手本(見習うべき模範)とは限らないのだから、真似る必要はありません。相性が悪い相手と一緒にいる必要なんかありません。

 

幸せの在り方は自分の心が決めるもの。

そこにお手本があるとしたら、自分が真似たいものであるべきで、サンプルの数量とは関係ありません。

そして、お手本があるなら、真似ること。行動すること。

 

 

f:id:jtoshou:20210214211942j:plain

 

 

本当の声はいつだって幸せの道を照らしている。

 

(祝)一緒に住んで満3年

 こんばんは。Joeです。

 

今日はホワイトデー。

そして、まみと一緒に住み始めた記念日。満3年となりました。

 

お祝い用に買ったスパークリングワインは、買った後に気が付いたけど、3年前のもの。

 

f:id:jtoshou:20210314213849j:image

 

可愛らしい薄紅色で、見た目も味も美味しかったです。

 

付き合うのと一緒に住むのは全く違って、この3年間は濃密な時間でした。ともに過ごす時間が長くなるほどに密度が濃くなる時間。

 

娘(まみの連れ子)にとっても濃密な時間だったようで、まだ3年しか経っていないのかと驚いていました。

 

 

 

そして、ホワイトデー。

 

まみと娘へのプレゼントは、手作りケーキ。

 

f:id:jtoshou:20210314213904j:image

 

イチゴのケーキは今回で3回目。

だんだんと上手になってきている感じがします。

レシピ通りに作っているとは言え、メレンゲの出来や生クリームの出来によって、出来栄えが変わってくるだけに、やっぱり少しずつ上手になっていると思います。

 

少なくとも、見栄えは今回が一番^ ^

 

とっても喜んでくれて、嬉し泣きしそうでした。

 

 

ひと段落

こんにちは。Joeです。

 

冬が終わり春が来る。

雪解けの季節でもあり、

別れと出会いの季節でもあります。

 

f:id:jtoshou:20210311001418j:image

 

 

色々とひと段落。

 

二人とも離婚して満三年。無いとは思ってはいたけど、慰謝料請求の時効成立。

勤続20周年で、なんだか気が抜けた。

担当している部署のメンバーも入れ替え時期気になっていた部下の進路が決まったり。たくさん文句を言ってきた部下も任期満了の挨拶は感謝に溢れていたり。

その他、小さいけど、もやもやしていたことが言えたり。

 

 

ホッとしたり、緊張したりの繰り返し。

でも、もうそれも不用品になりつつあります。

 

なんだか風が吹いている

こんにちは。Joeです。

 

くじ運が良いとは言えない私です。

悪くもありませんが、懸賞で何か当たるということはありません。

 

 

それだのに!!

 

この一週間、立て続けに当たりました。

 

 

 

・お得意様感謝祭で、商品券3万円

・アンケートの謝礼(抽選)で、商品券5千円

・お菓子の懸賞で、手乗りぬいぐるみ

 

 

f:id:jtoshou:20210305181948j:image

 

また、まみにプレゼントできる^_^

 

 

 

「厳正な抽選の上、当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます」って、実は本当は発送なんかしてないんじゃないかと思ってました。。。

 

 

 

なんだか追い風が吹いている〜

 

 

風の時代到来♪

 

いま、イマ、今

こんにちは。Joeです。

 

「お腹が苦しい」のはたった今。

「食べ過ぎて苦しい」は、食べた時まで遡って因果関係を作っています。

「食べ過ぎて苦しい。明日は食事を控えよう」は、もっと長い時間軸で捉えて、物語にしています。

 

f:id:jtoshou:20200202113510j:plain

 

「お腹が苦しい」だけなら、その時点で完結しています。

 

成就する♪

こんにちは。Joeです。

 

今朝、夢を見ました。

散弾銃で撃たれ、身体中に弾丸が撃ち込まれ、血まみれになる夢です。

しかも、2度見ました。

 

 

 

強烈さに目が覚め、「殺されるけど、死なない夢は良くないんだっけ?」と思って調べたら!

 

銃で撃たれ、しかも血まみれになるのは運気好転のサインらしい(^。^)

 

良い気分で一日がスタート。

 

 

 

そして、夕方。

私宛の郵便物で、懸賞の景品が送られてきました。

 

なんと!

ちょっとした金額の商品券が当たりました(((o(*゚▽゚*)o)))

 

嬉しい(≧∀≦)

まみにプレゼントしたい!

 

f:id:jtoshou:20210225221022j:image

 

 

 

しかも、その金額が、先週末に自分とまみのために良い買い物をした金額+α。喜んでお金を使うとまた入ってくるとはこのこと。

 

 

幸先が良いな〜。